母子移住には、毎月いくら位は必要??

月十万円の生活費は本当?

フィリピンに母子移住する場合、実際にどれくらいお金が必要なのか??

移住を検討している方によく聞かれる質問です。

⬇︎よく見かけるこんな記事⬇︎
◉フィリピンは物価が安いから月10万円で豪華に暮らせる

◉「お給料は50,000P代〜ですが、物価が安いので十分に暮らせます」など書かれている求人

【実際のところはというと…】

東南アジア慣れした独身者の方ならば、通用するかもしれません。

子連れ移住で通用するかというと、声を大きくして言います。

「月10万円生活は厳しい!!」のが現実です。

上を見たらきりがないですが、最低いくらくらいは必要かの目線でまとめてみました。

子連れ移住時にかかる費用は?

◉住宅代

安全性と子連れとなるとある程度の広さは必要。メイドさんを通いでも雇うとなると少なくとも1LDKはないと息苦しくなるかも。

◉教育費

公立校に日本人の子供は通うことはできません。

私立校は質と値段もピンキリ。
マニラのインターナショナルスクールは年間200万円越えのところある一方、地方都市の私立校はその年間10万円以下から探せることも。

うちの子の場合、午前と午後両方学校に通っていたので学費は2倍かかりました。

とは言え教育費は、どこに住むかである程度のコントロールができ、節約をしやすい部分です。

◉移動費

ローカルの人が利用する運賃が安いジプニーなどは、小さい子供との乗車は慣れないとハードルが高いもの。

マニラで電車に乗ったら、携帯をすられて、結局買い直す事になり、高くついた話も聞きました。

子連れはタクシーか自家用車の移動が主になります。

◉メイド代

小学生以下の子供づれの場合は、メイドさんがいることで、家事の負担が減ります。

母子移住の場合は、ママがダウンした時などの
リスク回避としてもメイドさんがいると安心かもしれません。

◉食費

日本食を毎日食べて、食材も現地調達になると意外と費用がかさみます。

我が家の場合は、3ヶ月に一回の帰国時に日本食をまとめ買いしていました。
お米も数キロ買って、現地で調達するフィリピン産のジャポニカ米(日本米らしきもの)と合わせて使っていました。

月の生活費の最低予算は??

色々抑えつつも安全に親子で暮らすとなると、ざっくりですが、住居代、学校代、生活費で約20万〜は必要かなと。

この他にも、日本との行き来の飛行機代、海外保険適用外の場合には医療費などがかかります。

月謝の割に短い短時間保育が気になったり、ちょっとした買い物も車がないと行けないエリアに住んだ場合、
「あれ、日本の方が便利で、生活費安かったりする!?」
となってしまうかもしれません。

あなどれない、新興国のインフレ率

フィリピン統計省の発表した2018年のインフレ率は、6.4%。政府の通年目標(2.0~4.0%)よりも大きく上回っていたそうです。

新興国にありがちなインフレ率は、住んでいると住居、食費、学費とすべてにおいて直撃したりします。

これには、現地のフィリピン人も
「この日給で、どうやって生活したらいいの?」と嘆いていました。

それでも他国と比べて安いフィリピン留学

現地で暮らす母子移住してきている方は。
旦那さんからの仕送りが多いかと思いますが、日本の仕事を在宅で続けていたり、現地で働いている方もいらっしゃいました。

現地採用でも、共働きでWインカム、または住居付きなどの色々な良い条件を見つけている方も。

確かにお金のかかる海外移住ですが、他の国くらべて、「旦那さんの仕送り(+お母さんが現地採用)」でも行けてしまいとうなところが、フィリピンの良さではあります。

まとめ

年間の許容範囲の予算立てと、どれくらいの期間住みたいのか、事前のシュミレーションから
移住先の都市を絞り込むことをおすすめします。

とは言え、行ってみないと見えないことも多く、
勢いも大事だったりします。
trial and errorで、すすめていくのもありかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す