フィリピンで見かけた、小さなリサイクルのこと

フィリピンで見かけたリサイクル

最近YouTubeで子供が見て、気に入っている「しまじろうのリサイクル」の動画。

「リサイクルは楽しいもの!」と感じたのか、缶や瓶のリサイクル日には率先して捨てに行ってくれています。

フィリピンでは、リサイクルという仕組みはまだまだ進んでおらず、ちょっと郊外にいくと、何これ構わず燃やしている光景を良く見かけました。

日本に比べると、リサイクルの仕組みは進んでいないものの、まだまだ物質的に豊かではないフィリピン。
日本ならばゴミ扱いしてしまいそうな物を再利用したり、古くなっても大切に扱っているところを見かけました。

例えば、うちのメイドさんは、

オムツやお米の袋の中はゴミ袋として再利用

大きさといい、強度といい、意外と使い勝手のいいゴミ袋になるんです。
特にオムツの袋は中身も見えないので、バスルーム用にも。

食品トレーも再利用

スーパーで食品が乗ってる白いトレー。こちらも捨てずに取っておき、冷蔵庫の整理や、お弁当箱代わりなどにも使っていました。

食器洗剤は薄めて2倍で使う

残り少なくなったという訳ではなく、洗剤を補充時に水と薄めて補充していました。

最初にこの行動を見た時は驚きましたが、意外と水で薄めていてもしっかり洗えていました。

衛生面からどうなのかと思うところはありますが、こういう節約を普段からしているのかなと。


日常生活の小さな事ですが、物を大切にしているところを見習ないなと思いました!

スポンサーリンク